政府関係機関・地方自治体等

埼玉県の財政状況と起債運営の基本的な考え方
埼玉県は名目GDPで約20兆円、工業、農業いずれも全国屈指の産出額を誇る。人口が2030年でも700万人を維持する見通しであることから、成長ポテンシャルも高い。また、圏央道など交通網の整備による利便性向上への期待もあり、企業本社の転入超過数は過去10年で全国1位となっている。安定した県税収入が確保されているなか、財政状況と起債運営の方針を聞く。
2016年7月13日
出演者等の見解は収録日時点のものであって、今後予告なく変更されることもあります。